トップ / 葬儀に込める故人への想い

日本の葬儀に残る伝統文化

葬儀の際に身に付ける喪服は、陰陽の色が特徴となり、厳粛な雰囲気を象徴しています。昔は和服を着ることが普通でしたが、最近では洋装をすることが増えて、独自な文化が形成されました。西洋の文化を取り入れながらも、葬儀には古代インドの仏教文化が残り、お経にはサンスクリットの言葉が使われます。あらゆる文化が融合する雰囲気がありながらも、日本的な独自性も保っていることで、今日においても文化の継承が順調に進んでいます。

宇都宮 葬儀では、少人数でお式を行えます。
家族葬や直葬など、あまり費用をかけたくないという方にお勧めです。セットになっているので追加料金もかかりません。

葬儀の際のマナーとは?

葬儀に参列する際には、時間よりも早く到着するのが礼儀です。遅刻して葬儀場に入るのはマナー違反です。また、法要の後には、お茶やお酒が振る舞われますが、これは少しでも箸をつけるのが作法です。この食事には、親族のお礼だけでなく、故人を供養するという意味もあるので、遠慮せずにいただくとよいでしょう。とはいっても、大笑いしたり、酔っぱらうような行動は慎むことが大切です。食事が済んだら、早めに切り上げるのがよいでしょう。

生活のトラブル処置情報