トップ / 不当解雇を弁護士に相談

不当解雇はまず弁護士に相談

不当解雇は弁護士に相談しましょう。業務上横領などの重大な規約違反や、天災による予想だにしない著しい経営の悪化など、相当の理由がない限りは、経営者は労働者を解雇することができません。また、解雇する場合には30日以上前からの予告もしくはそれに相応する解雇予告手当てを支払わなければなりません。これらのことは、労働基準法に明記されています。にもかかわらず、不当解雇された場合には一人で悩まず、法律の専門家である弁護士を頼ってください。

会社破産のご相談はこちらの弁護士依頼で問題解決しましょう。メールでの相談予約は、お問い合わせフォームより24時間受け付けております。当サイトでは事業破産・再生ブログを通して実務家向けのノウハウや最新判例を紹介しておりますのでご覧ください。森法律事務所では、弁護士による充実した法律相談と、低額な弁護士費用で会社の破産・再生手続きをご提供します。

会社破産は弁護士に相談を!

経営している会社について会社破産をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士へ早めに相談しましょう。相談することで、本当に破産手続が最善なのかといった点に加えて、破産する場合の法律的な問題点、あるいは破産手続の実際の流れなどの様々な点について、アドバイスを受けることができます。なお、相談料は30分5000円(税抜き)が相場ですが、法律事務所の一部には、相談料を無料としているところも出てきています。一人で悩んでいても事態は好転しません。会社破産でお悩みの方、弁護士へ一度相談してみませんか。

生活のトラブル処置情報